麻生太郎財務相、冷凍牛肉セーフガード「TPPないから発動」

 
閣議を終え、会見する麻生太郎副総理兼財務相=1日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 麻生太郎財務相は1日の閣議後の記者会見で、同日発動された冷凍牛肉の緊急輸入制限に対し米国が懸念を表明していることに関し、「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)が発動されていれば、この措置はなくなっていたはずだった。TPPを(米国が)やらないというから措置が残っている」と話した。

 パーデュー米農務長官は7月28日、「日本との農産物に関する重要な貿易関係を損なう」などとする声明を出していた。

 麻生氏は「(10月にも予定されるペンス副大統領との)経済対話で(協議を)やっていくことになるだろう」と述べた。

 その上で、セーフガード発動を3カ月の輸入実績で判断する仕組みについて、「6カ月にするとか、いろんな話はある。今後検討する余地があることは確か」との認識を示した。