PR

風を読む

【風を読む】平成の記憶と未来への期待 論説副委員長・別府育郎

【風を読む】平成の記憶と未来への期待 論説副委員長・別府育郎

 平成の世がまもなく終わる。私事ながら、ほぼ昭和と平成の同年を生きたことになる。 昭和の30年に比べ、平成の30年がなんと短く感じられることか。当時の小渕恵三官房長官が「平成」の額を掲げた場面を、ついこの間のように思う。 元年の記憶は、事件取材に終始する。東京・綾瀬の女子高校生コンクリート詰め殺人事…

特集リスト

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ