PR

ニュース コラム

【大阪特派員】山上直子 洪庵先生の薬箱に学ぶ

緒方洪庵が往診で使っていた薬箱(高橋京子・大阪大招へい教授提供)
緒方洪庵が往診で使っていた薬箱(高橋京子・大阪大招へい教授提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 新型コロナウイルスとの闘いの最中-というのも無縁ではないかもしれない。

 江戸時代後期の蘭医学者で医師、緒方洪庵(1810~63年)が残した150年以上も昔の薬箱が話題になっている。収められていた「開かずの薬瓶」の中身を、大阪大学などのチームが特定した。

 洪庵は日本の近代医学の祖とされ、天然痘やコレラ治療に尽力した。教育者でもあり、大阪で開いた私塾「適塾」は、大村益次郎や橋本左内、福沢諭吉らを輩出している。

 適塾は大阪大学医学部の源流とされ、大学には洪庵の子孫から寄贈された大小2つの薬箱が残る。大は壮年期の、小は晩年のものとされ、それぞれ往診などで使ったとみられる「薬」が残存する。

 今回、晩年の薬箱に残されたものの中で、開栓することができなかったガラス瓶の一つを“透視”。英文科学誌に発表した。非破壊分析の新手法で、茨城県にある大強度陽子加速器施設「J-PARC(パーク)」で素粒子の一種「ミュー粒子」を使って解明したのだ。結論からいうと、分析結果は当時「甘汞(かんこう)」と呼ばれ、下剤などとして使われた塩化水銀だった。毒性が強く現在は使われないが、当時は複数の薬物と配合して、脳卒中やリウマチ様症状の患者に使われたという。

 実は瓶のふたには「甘」と書かれているのだが、いわば洪庵だけがわかる漢字一文字の暗号のようなもの。製剤化されたものは外観からは全くわからず、とはいえ無理に開けると破損する恐れがあった。

 「これは医療の歴史において貴重な実物資料『医療文化財』なのです。破壊を伴う分析は許されません」というのは分析に当たった阪大総合学術博物館の高橋京子・招へい教授(生薬学)だ。医療文化財とは聞きなれないが、日本には独自に進化した伝統医薬(生薬=天然の薬物)の文化があり、文化人類学的要素を持つと高橋教授はいう。

緒方洪庵が使っていた薬瓶(高橋京子・大阪大招へい教授提供)
緒方洪庵が使っていた薬瓶(高橋京子・大阪大招へい教授提供)
その他の写真を見る(2/3枚)

 洪庵は当時最先端の蘭方(オランダから伝わった医術)を学び、一方で漢方(漢方医学、中国医学を基に日本で独自に発展した医療体系)にも精通していた。薬箱や文献の研究から、双方を駆使して患者の治療に当たっていたことがわかったのである。薬箱はまさにその証人であり医療文化の「お宝」なのだ。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ