PR

ニュース コラム

【社説検証】日韓関係 「被害者は日本だ」と産経 読日は文氏の演説を評価

「三・一運動」記念式典に夫人とともに臨む文在寅韓国大統領(中央)=1日、ソウル市(ロイター)
「三・一運動」記念式典に夫人とともに臨む文在寅韓国大統領(中央)=1日、ソウル市(ロイター)

 韓国の文在寅大統領が日本統治時代に起きた「三・一運動」を記念する式典の演説で、日韓を「重要な隣国」とし、「いつでも日本政府と対話する準備ができている」と発言した。だが、関係修復の具体策は示さなかった。この呼びかけを肯定的に受け止めるか、懐疑的にみるのか、各紙の見解は分かれた。

 読売と日経は、前向きな姿勢と評価し、文氏の今後の行動に期待を表明した。「日韓関係の改善は双方の国益にかない、地域の安定にも資する。韓国の文在寅大統領が、こうした現実的な認識を示したことは評価できる。具体的な行動で、両国間の信頼回復につなげてもらいたい」(読売)「1月の記者会見に続いて融和的なメッセージを送ったのは評価できる」「次期大統領選まで残り1年となった。韓国歴代大統領は5年の任期末が近づくと反日に転じる事例がめだつ。文氏には逆に、最後に日韓関係を立て直した大統領としてバトンをつないでほしい」(日経)

 両紙はとりわけ、「韓国の成長は日本の発展を支え、日本の成長は韓国の発展を支えた」との発言に注目した。読売は「1965年の日韓国交正常化後の互恵関係に目を向けたのは、これまでの文政権に見られなかった姿勢だといえよう」と説いた。日経は加えて、米国を含む3カ国協力の重要性を訴えたことに触れ、「これまでには見られなかった表現」と歓迎した。

 これに対し産経は、「対日融和姿勢を示したとみなすのは早計だ。演説には関係改善に向けて韓国側がどのように行動するかという解決策の提示がなかった。行動を伴わなければ期待することは難しい」とし、「両国関係改善の希望を口にしながら、韓国側がこじらせた問題を解決する具体策をなんら提示しないのは文氏の常套(じょうとう)手段である。狡猾(こうかつ)と言っていい」と断じた。

 朝日は「微妙に前向きな変化がうかがえる」とするにとどめ、「その言葉を行動で示してほしい。文氏は直近の歴史問題への対応策を具体化し、速やかに日本との協議を始めるべきだ。文氏は新年の記者会見でも、関係改善に意欲を示した。相次いで出た日本側に賠償を命じた判決に対し、解決策を提示することが期待された。それから約1カ月半が過ぎたが、残念ながら、現在まで目に見える進展はない」と苦言を呈した。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ