PR

ニュース コラム

【朝晴れエッセー】お願い、お雛(ひな)様・3月2日

 お雛様を飾った。

 娘の初節句に実家の父が贈ってくれた七段飾り。部屋が狭くなるから親王飾りだけでいいと言う私に「子供は大きいほうが喜ぶに決まっとる。飾る間だけ親が我慢すればいい」。

 かくして毎年この季節は、6畳の居間のほぼ半分をお雛様に譲った。いたずら盛りの息子の被害を避け、本棚の上に親王様だけ飾った年も。

 ある年家族に迎えた猫は偶然にも3月3日生まれの雌、人形の隙間を器用にすり抜けすまし顔で座る姿に皆で笑った。

 毎年続いた恒例行事も、無事成人を迎えた20回目の節句を節目に今までの加護を感謝して休眠?に入っていただいていた。

 娘は現在東京在住、コロナ禍で帰省も自粛した。年に一度も娘の顔を見なかったのは初めてのこと。いい大人になったとはいえやっぱり心配だしちょっと寂しい。つい昔のアルバムなど開いてぼんやり眺める。

 お雛様飾ろうかなあ。

 お久しぶりです、また娘を見守ってくださいね。

 「お雛様は赤い食べ物が好きなのよ」と眉唾なことを言っていた母も、笑って聞いていた父も、今は空の上。2人もどこかで孫娘を見ていてくれるだろうか。

 明日は真っ赤な苺を買って帰ろう。

岩崎恵子 55 新潟県糸魚川市

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ