PR

ニュース コラム

【一筆多論】より良い選択へ考えたい 佐藤好美

新型コロナウイルスワクチン接種会場の運営訓練=1月27日午後、川崎市幸区(川口良介撮影)
新型コロナウイルスワクチン接種会場の運営訓練=1月27日午後、川崎市幸区(川口良介撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 選ぶことには、迷いがつきものだ。ゼロリスクはないし、分からないこともある。今ある根拠をもとに判断するしかないと思う。

 川崎市で先月、新型コロナウイルスのワクチンを集団接種するための訓練が行われた。

 住民役は、患者を演じるスペシャリストで、「模擬患者」と呼ばれる人たち。通常は医学生らの診察トレーニングで相手役になる。

 訓練では、「卵アレルギーがありますが、大丈夫ですか」などの質問が出たという。

 良い質問だ。いかにもありそうだが、答えるのは容易でないと思う。

 接種が始まるファイザー社のワクチンには卵は入っていない。

 ただ、例えば卵アレルギーのある人は、副反応の一つである重いアレルギー症状「アナフィラキシー」を起こしやすいか、と問われれば明言は難しい。

 米国国立研究機関の博士研究員、峰宗太郎医師(免疫学)は既にモデルナ社のワクチンを接種した。「卵アレルギーがアナフィラキシーを起こす可能性は基本的にはないだろう」とし、アナフィラキシー自体も「アドレナリン投与など迅速な対応をすれば後遺症が出たり、命にかかわったりせずに済む」と言う。

 ファイザー社のワクチンによるアナフィラキシーの発生率は20万分の1とされる。加えて、発症しても対処できる、というのが専門家らの見立てだ。

 厚生労働省は接種場所に救急処置用品を常備するよう自治体に求めている。

 高齢者の間では新型コロナウイルスのワクチンを打つか打たないかが、話題である。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ