PR

ニュース コラム

【主張】ココア不具合 あまりにも杜撰な運用だ

 新型コロナウイルス対策のスマートフォン向け接触確認アプリ「COCOA(ココア)」をめぐり、昨年9月末以降の4カ月にわたって、利用者の3割に陽性者との接触通知が届かないという不具合があった。

 このアプリは、陽性者と一定時間、接触したことを知らせることによって、感染拡大を防ぐという重要な役割が期待されている。それが年末年始に感染が広がる中でも機能しなかった。あまりにも杜撰(ずさん)な運用に呆(あき)れるばかりだ。

 菅義偉政権は行政のデジタル化を目玉政策に掲げている。その一方で信じられない失態を演じた厚生労働省の責任は重大だ。不具合の解消を急ぐと同時に、アプリの使い勝手をよくして、国民の信頼を回復しなければならない。

 検査で陽性と判定されたアプリ利用者が保健所発行の番号を登録すると、その人と過去2週間以内に1メートル以内で15分以上の接触があった別のアプリ利用者に通知が送られる仕組みだ。昨年6月に運用が始まり、これまでに2500万件近くがダウンロードされた。

 このうち約770万件のアンドロイド版で不具合があった。昨年9月末に委託業者がアプリを改修した際に障害が生じたという。一般的に新しいアプリには初期不良が出やすいが、長期にわたって見過ごされていたのは問題だ。

 通知が届かないことを疑問視する報道が相次ぎ、厚労省が今年に入って調査した結果、ようやく不具合が見つかった。同省がアプリの活用をおざなりにしていた姿勢が浮き彫りになったといえる。

 菅首相は国会で陳謝し、再発防止に取り組む考えを示した。専任担当者を増員するなど対応の強化を図らなくてはならない。

 一部の保健所では感染拡大に伴う人員不足で、感染経路や濃厚接触者の追跡調査が難しくなっている。その状況を打開するためにもアプリを積極活用すべきだ。アプリをダウンロードした人で実際に陽性登録をした人は1万件余りにとどまる。感染防止効果を高めるためにも、一層の利用促進策などを検討する必要がある。

 コロナ対策を効果的に行うにはデジタル技術をうまく活用しなくてはならない。政府にはワクチン接種情報をデジタル化して一元管理する計画などもあるが、今回と同じ轍(てつ)を踏まぬよう、運用に細心の注意を払ってもらいたい。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ