PR

ニュース コラム

【思ふことあり】スポーツジャーナリスト・増田明美 時代の激変にゆっくりと前進

山陽女子ロードレース大会ハーフマラソン3位の一山麻緒(左)と話す増田明美氏=20日、岡山市(鳥越瑞絵撮影)
山陽女子ロードレース大会ハーフマラソン3位の一山麻緒(左)と話す増田明美氏=20日、岡山市(鳥越瑞絵撮影)

 昨年6月、ラジオ番組でご一緒したノムさん(野村克也さん)が「時代と年齢には勝てないね」とボヤいていたのを思い出した。12月7日のIOC(国際オリンピック委員会)理事会で、パリ五輪にブレイクダンスが採用されることが決定したのだ。東京五輪にサーフィンやスケートボードが採用されたときの驚きから4年後にまた「へぇー」と思うのは私の考えが古いからだろう。

 オリンピック憲章には「万人向けのスポーツの育成を促進する」とあり、サーフィン、スケートボード、ブレイクダンスは若者にすごく人気がある。IOCの方針は分かるのだが、なぜだか腑(ふ)に落ちない。

 以前、荒木田裕子さん(東京五輪・パラリンピック組織委員会理事)が「IOCが五輪競技に加えたいのは若者からの支持、都市型であること、男女平等の3つです」と話していた。エンターテインメント性が高い競技もアスリートは厳しい練習を積み重ねているのだ。オリンピックは若者が主役、時代とともに変わっていくものだ、と自分に言い聞かせた。

□   □

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、急激に変わってしまったことが多い。例えば会議。会長を拝命している日本パラ陸上競技連盟は事務所が大阪市にあり、理事会は大阪で開かれていた。全国各地から理事が集まっていたが、コロナ禍で春から会議はリモートに。一人一人が自分の意見をしっかり言いやすくなり、活発に議事を進めることができた。交通費、貸会議室料、移動時間、すべてゼロ。年に一度は集まるにしても、普段の会議はリモートでいいかもしれないと思う。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ