PR

ニュース コラム

【ポトマック通信】コロナより家族の絆? 検査を受けて旅行

11月26日の感謝祭を前に七面鳥などの食材を求めて賑わう街=11月16日、米ニューヨーク(AP)
11月26日の感謝祭を前に七面鳥などの食材を求めて賑わう街=11月16日、米ニューヨーク(AP)

 感謝祭(11月26日)に伴う休暇が終わった。遠方に住む家族なども集まってみんなで七面鳥料理を囲むのが習わしだが、今年、新型コロナウイルスの感染拡大の影響はその風景をどう変えただろうか。

 休暇シーズンに合わせた小売店のセールは様変わりした。日本でもおなじみになった、感謝祭翌日の「ブラックフライデー」では、実際に店舗に赴かずにインターネットでの購入が圧倒的だったようだ。

 売り場で互いにソーシャルディスタンス(社会的距離)を保ちながら、目当ての商品を勝ち取るのは難しいからだろうと理由は容易に想像できる。

 ところが、よくわからなかったのが、人々が繰り広げた休暇期間中の大移動だ。米疾病予防管理センター(CDC)は感謝祭前、旅行のリスクを訴えるとともに、家族での集まりなどを避けるよう呼び掛けた。それにもかかわらず、多くが航空機や車で移動した。

 日本では観光支援策「Go To トラベル」をめぐり利用制限を課すことが大きな問題となったが、米国では出発前に検査を受けてまで旅行に出かける人がみられた。

 家族の絆を重要視していることの表れなのだろうか。それにしても新たな感染者増加につながるのではないかと危惧してやまない。(住井亨介)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ