PR

ニュース コラム

【日曜に書く】論説委員・川瀬弘至 沖縄の子供たちに日の丸を

嘉手納基地=2010年5月2日午前、沖縄県嘉手納町 (本社ヘリから 門井聡撮影)
嘉手納基地=2010年5月2日午前、沖縄県嘉手納町 (本社ヘリから 門井聡撮影)

 手元に、「沖縄の子ら」という書籍がある。沖縄返還の6年前、昭和41年に日本教職員組合と沖縄教職員会の共同編集で刊行された、沖縄の子供たちの作文集である。

 その巻頭、「祖国の友だちへ」と題した作文で、中3男子が呼び掛ける。

 「本土のみなさん。同胞の住んでいる沖縄をご存知ですか。(中略)私たちの住んでいるこの沖縄は、太平洋戦争で祖国日本のために多くの犠牲を払いました。祖国防衛のために、日本民族を守るため、母国をみじめな姿にさせないために、私たちの先輩たちは、貴い命を国家に捧(ささ)げたのです」

 以下、作文は戦争の悲惨さと、戦後も米軍の支配下に置かれた沖縄の怒り、悲しみをつづり、「本土のみなさん、私たちは永遠に訴え続けます。一日も早く祖国に帰れる日が来るのを」と結ぶ。

「立派な日本の子」

 保守系団体が編集したのではない。日教組と沖縄教職員会である。だが内容は、「母なる日本」への愛情に満ちあふれている。中でも胸を打つのは、国旗への熱い思いだ。

 「日の丸、それはわが国のしるしです。シンボルです。わが日本国民には、日の丸という、りっぱな国旗があります。旗の中心の赤い丸は、角がなく、平和の象徴だといわれています」(中1男子)

 「日のまるの はたが、ゆっくり あがりました。それを みて、ぼくの そばに いた どこかの おばあさんが、なきそうな かおに なりました。ほかの 人たちも みんな めを ぱっちり あけて、日のまるの はたを じいっと みて、とても しずかに なりました」(小1男子)

 沖縄では戦後、長く国旗の使用が制限されていた。昭和27年に一般家屋での掲揚は認められるが、政治集会や公共施設では禁止され、完全に自由化されるのは45年だ。その間、沖縄の教員たちは本土から日の丸をかき集め、広く配布してその意義を教えた。日本人たれ、祖国を忘れるなと言い聞かせた。

 作文集のエピローグを書いた中1女子が訴える。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ