PR

ニュース コラム

【朝晴れエッセー】まあちゃん日記・10月22日

 義母から1冊のノートが届いた。

 表紙には「まあちゃん日記・昭和48年、9月~」と記してある。1ページで1週間分。1日3~4行の育児日記だ。

 夫は小さい頃、まあちゃんと呼ばれていたらしい。1歳半のまあちゃんは、しょっちゅう風邪をひく。ものもらいは日常茶飯事。しかも小食で、お腹を頻繁に壊す。

 この時期、義母はほとんど眠れていなかったのでは、と今更ながら心配になる。

 「野菜が足りないかな」「間食が多いのかも」。健康な子に育てるために、常に試行錯誤する様子が伝わってくる。

 仕事が忙しかった義父も、しばしば登場。まあちゃんは、パパの車に乗せてもらうと、ご機嫌になる。

 体調の変化。食べたもの。話せるようになった言葉。バスに乗って喜んでいる様子。入浴が嫌いだったこと。産まれたばかりの弟を「アカタン」と呼び、かわいがる姿について「兄貴づら」と書いてあるのには、思わず笑ってしまった。

 私の夫となったまあちゃんは、今ではめったに風邪をひかない。ご飯もモリモリ食べる。仕事が休みの日は、車で高校生の娘を送迎してうれしそう。

 私の隣にあるのは、大切に大切に守られてきた命。守らなければならない命。

 三輪睦子 46 東京都町田市

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ