PR

ニュース コラム

【iRONNA発】コロナ禍のストレス 「無駄」に克服のヒントあり

 外的な発散解消ができないときに、どのようにストレスを解消するのか。自身の内面で情緒的に解消するのである。楽しかったよい思い出に浸る、可能な通信手段で家族や友と今の思いを共有し合う、情緒的な小説を読んで自身の精神的内界を刺激する、などだ。

 われわれは爛熟(らんじゅく)した物質文明の中で、外界にあふれる刺激物に頼りすぎ、自身や家族の中に素晴らしいリソースが潜んでいることを見過ごしてはいないだろうか。こういう考え方が少しでも参考になれば幸いである。

【プロフィル】松崎一葉

 まつざき・いちよう 筑波大教授、医学博士。昭和35年、茨城県生まれ。同大大学院博士課程修了。専門は産業精神医学、宇宙航空精神医学。企業でメンタルヘルスの治療や環境作りに取り組むとともに、宇宙飛行士の精神面サポートも研究。著書に「もし部下がうつになったら」(ディスカヴァー携書)など。

 iRONNAは、産経新聞と複数の出版社が提携し、雑誌記事や評論家らの論考、著名ブロガーの記事などを集めた本格派オピニオンサイトです。各媒体の名物編集長らが参加し、タブーを恐れない鋭い視点の特集テーマを日替わりで掲載。ぜひ、「いろんな」で検索してください。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ