PR

ニュース コラム

【社説検証】菅内閣の発足 産経は「早期に総選挙を」「政治手法を改めよ」朝毎

第99代首相に選出され、一礼する菅義偉首相=16日午後、衆院本会議場(春名中撮影)
第99代首相に選出され、一礼する菅義偉首相=16日午後、衆院本会議場(春名中撮影)

 安倍晋三前首相による突然の辞意表明を受けて自民党総裁選が行われ、新総裁に選ばれた菅義偉前官房長官が国会での首班指名を経て新首相に選出された。

 新政権は半数以上の閣僚を入れ替え、菅氏が総裁選で訴えてきた「縦割り行政の打破」や「規制改革の断行」などの政策目標を打ち出した。行政のデジタル化を推進するため、デジタル庁を来年にも創設する方針も決めた。

 当面は新型コロナウイルスの感染拡大防止と社会・経済活動の両立が課題となるが、無派閥出身の菅氏だけに自民党内の基盤は派閥均衡という危うさを抱えているのは事実だ。それだけに具体的な成果をいち早く出すことが求められている。

 産経は「病気による前首相の緊急降板という非常事態下で、小泉元首相がぶっ壊したはずの『古い自民党』の遺伝子が、派閥の合従連衡によるボス選びという形で目を覚ました」と分析した。そのうえで「菅首相が総裁選で訴えた役所の縦割り打破や規制改革を本気でやろうとすれば、派閥均衡型の権力構造が足かせとなろう」と指摘した。

 読売は「感染症が蔓延(まんえん)する世界的な危機の中で、7年9か月ぶりの首相交代である。新政権は、様々な困難を克服し、経済再生を果たさねばならない」と注文した。そして「経済を成長軌道に乗せるには、前政権で不十分に終わった成長戦略を改めて描き直し、着実に実行に移すことが必要だ」と訴えた。

 一方、朝日は「安倍政権下の主流派が、トップの顔をすげかえて、その権力構造の維持を図ったというのが、今回の首相交代ではないのか」と断じた。そのうえで「安倍政治の下でゆがめられた政策決定のあり方や国会の空洞化も、この機会に正されねばならない。問題の多い安倍氏の政治手法まで『継承』されてはたまらない」と求めた。

 毎日も「異論に耳を傾けず、与党の数の力で強引に突き進む。そんな政治を菅氏は安倍前首相と二人三脚で推し進めてきた」と批判したうえで、「何より求められるのは、政治手法を改めることである」と強調した。

 さらに日経は「菅首相は政策判断の際、なぜそうした決断をくだしたのかを詳しく説明しなくてはならない。国民の理解なしに大きな改革を実現することはできない」と訴えた。そして「『その指摘は当たらない』と、批判をばっさり切り捨てることのないようにしてもらいたい」と注文を付けた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ