PR

ニュース コラム

【朝晴れエッセー】キンの糸・9月25日

 朝が来た。新しい一日の始まり。カーテンを開けながら地球始まって以来の新しい朝に巡り合えたことに感謝する。いささかオーバーだが最近は本気でそう思う。

 子供は巣立ち、夫婦2人の朝に慌ただしさはない。ゆっくり朝食の準備をする。ご飯、みそ汁、納豆のいつもの献立をゆっくりいただく。

 結婚して四十数年。同じ屋根の下でよくもこんなに長い間暮らしてきたものだ。これも何かの縁だろうか。

 よく赤い糸で結ばれた2人などと言うが私たちも赤い糸で結ばれていたのだろうか? ご飯を食べながらとりとめもないことをあれこれ考える。

 テレビを見つめたまま黙々と食べている夫に向かってつぶやいてみる。「私たちも赤い糸で結ばれていたのかしらね」

 夫はテレビに顔をむけたまま、「キンの糸だよ」とひと言。

 エッ!? 金の糸って赤より格が上の(と私には思える)糸で結ばれているの? 堅牢強固な金の糸を想像して私は心の中でニタリとする。そうか、夫はそんなふうに思っていたのか。

 しばしボンヤリしている私に向かって、夫は手にした納豆を掲げて「納豆菌のキンの糸だよ」とのたまう。なんだ!! またしても夫の冗談にやられた。

 確かに私たちは毎朝ひとパックの納豆を、私の小食ゆえ半分ずつ分け合って食べている。納豆菌の糸で結ばれた夫婦とは聞いたこともないが今の私たちにはピッタリかもしれない。

 これからも細く長く、粘り強い納豆菌夫婦でいこう。

 福地美和子(69) 埼玉県入間市

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ