PR

ニュース コラム

【朝晴れエッセー】愛がこもった贈り物・9月11日

 新社会人になり、本格的に一人暮らしが始まってから幸せを感じる瞬間がある。

 それは実家からの贈り物。その大体は食料。

 私が大好きな自然食のお店のラーメンや調味料、その他にもお菓子や長持ちする魚の缶づめなどが、1つの段ボールにたくさん、もうこれ以上つめることができないというくらい入って送られてくる。

 私は届いた荷物の中をみるごとに家族からの愛を心から深く感じる。

 この空っぽだった大きな段ボールの中に私が好きな食べ物や喜ぶものを考えながら、たくさんの愛情をつめてくれているんだなと…。

 「あぁ、私、家族に両親にこんなに愛されているんだ」と心が愛情で満たされます。

 たまに母からのお手紙が入っていることもあり、読んでみると強い愛情が伝わり涙を流すこともあります。母の手紙の文字も優しさを感じる書き方で、母からの手紙を読むときも幸せな時間であり、楽しみの時間です。

 普段近くにずっと一緒にいると両親の大切さを感じることが難しいですが、離れてみてありがたみや自分の大切な場所だったことに気づかされました。

 たくさんの愛を注いで育ててくれたことに感謝します。ありがとうございます。これからも笑顔で元気に過ごしてください。

山内みなみ(22) 千葉県柏市

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ