PR

ニュース コラム

【直球&曲球】宮嶋茂樹 尖閣に赤旗が立っても指くわえとるだけか

尖閣諸島を含む東シナ海上空。手前から南小島、北小島、魚釣島。海上自衛隊の哨戒機P-3Cから=沖縄・尖閣諸島、平成23年10月(鈴木健児撮影) 
尖閣諸島を含む東シナ海上空。手前から南小島、北小島、魚釣島。海上自衛隊の哨戒機P-3Cから=沖縄・尖閣諸島、平成23年10月(鈴木健児撮影) 

 いっやあ…すごかったのう、レバノンの爆発。事故か事件か、詳細が明らかになるのは随分先というか、いまだ行方不明者の捜索をしとる段階やろ。そんなレバノンに、あの“反日大統領”率いる韓国が医療品などの緊急人道支援を検討しとるんやて? 日本相手やと、非人道的イヤガラセしか、カマしてこんのに、日本以外の国家には随分、親切やんけ。

 いや…おかしい…「人道」を口にするには何かウラがあるハズや。そうか、大統領の「跡目候補」やったソウル市長やら在ニュージーランドの外交官のセクハラ問題が相次いでバレてしもて、怒りのホコ先をごまかすためのレバノン支援やな。

 汚いやっちゃ…っていうか…やりよるのう…。いやいや感心しとる場合とちゃうで。わが国の外交もこういう韓国人の狡猾(こうかつ)さは見習うべきやろ。

 わが国こそ人道支援の国際緊急援助隊をレバノンへ派遣すべきやろ。もちろん、自衛隊、警察、消防、海保の各組織から選抜されたプロで構成されるハズやろうが、そこに警視庁の捜査員も同行させるんや。

 そうなってみい、爆発現場近くで被害を受けたとコイとる、あのカルロス・ゴーン被告一家は震え上がるで。レバノン国外に逃げようたって、逃亡先というたら、日本人に一泡吹かせたと“英雄視”しとった韓国ぐらいやろな。

 あっ、読めたで、そうなる前に韓国政府はレバノンでゴーン一家を「人道的」に保護して、また、反日イヤガラセのネタにするつもりやな。ほれで、ゴーン一家が「反日」の新たな外交カードになると…そこまで読んでのレバノン支援か…ホンマ、やりよるのう。

 日本政府もボヤボヤしてたらアカンで。レバノン派遣と同時に、わが国固有の領土・尖閣諸島にも自衛隊、警察、海保、消防を派遣して常駐させるんや。某新聞記者のアホ質問に律義に答えた河野太郎防衛相やないけど、わが国の領土を守るのに「中国や韓国のお許しなんぞ」いらんのである。尖閣諸島に赤旗が立つことになっても指くわえてみとるだけか? 毎度の口先だけの抗議か?

                  ◇

【プロフィル】宮嶋茂樹

 みやじま・しげき カメラマン。昭和36年、兵庫県出身。日大芸術学部卒。写真週刊誌を経てフリーに。東京拘置所収監中の麻原彰晃元死刑囚や、北朝鮮の金正日総書記をとらえたスクープ写真を連発。写真集に、『鳩と桜 防衛大学校の日々』。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ