PR

ニュース コラム

【JAPAN Forward 日本を発信】上智大と反日映画『主戦場』 大学側は説明を

日本の大学の研究倫理が問われている、と伝えるJAPAN Forwardの画面
日本の大学の研究倫理が問われている、と伝えるJAPAN Forwardの画面

 Court Battle Over Comfort Women Film Taints

 Japanese University’s Research Ethics Record

 (慰安婦問題を扱った映画をめぐる法廷闘争 問われる日本の大学の研究倫理)

 世界にも知られる日本の私立大学、上智大学(東京都千代田区)でいま、同大の研究倫理と大学院生への指導の在り方が揺らぐ問題が持ち上がっている。

 同大に在籍していた大学院生が慰安婦問題をテーマにした映画を制作。出演者たちが、制作者側にだまされたとして映画の制作者や大学側に対し、映画の上映差し止めや損害賠償などを求めて裁判をおこす事態となっているためだ。

 なぜ、そうした事態になったのか-。英語ニュース・オピニオンサイト「JAPAN Forward」(JF)は6月4日、この問題を詳細に報じ、問題の原因に迫った。上の英文(日本語訳)は、その記事の見出しである。

 映画のタイトルは、『主戦場-The Main Battleground of the Comfort Women Issue(慰安婦問題の主戦場)』だ。

 記事によると、上智大学グローバル・スタディーズ研究科の大学院生だったノーマン・ミキネ・出崎氏(映画の公式プログラムではミキ・デザキ)は2016年5月から17年2月にかけて、同氏が「歴史修正主義者」と呼ぶ8人のコメンテーターたちに接触し、研究の一環で映画制作をするとしてインタビューを申し込んだ。

 8人は、外交評論家の加瀬英明、テレビタレントのケント・ギルバート、ジャーナリストの櫻井よしこ、「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝、「テキサス親父」として知られるトニー・マラーノ、同日本事務局長の藤木俊一、「なでしこアクション」の山本優美子、衆院議員の杉田水脈の各氏で、全員がインタビューに応じた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ