PR

ニュース コラム

【読者から】(5月28日~6月5日)コロナ禍の教訓 「脱中国依存が重要です」

 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の提言を踏まえた「新しい生活様式」。今回のコロナ禍の教訓を生かした「今後」についての声が寄せられました。

 「感染拡大を防ぐためだからといって、国が人の生活様式に口をはさむことには違和感がある」(80代男性)▽「(首都圏の)朝夕の通勤電車は人混みが戻って密集・密接の2密。ソーシャルディスタンス(社会的距離)を取るなんて無理だ」(60代男性)▽「新しい生き方を示され、何の抵抗もなく受け入れて、疑問も抱かない。新聞は人々に『考えること』を再び呼び起こしてほしい」(男性メール)▽「次なる波を防ぐため、医療機器など多くの海外依存を改めるべきだ」(同)▽「コロナ対応で自衛隊の役割が再認識されたが、独立組織として災害救助隊の創設を検討する必要がある」(同)▽「今回のコロナ禍が教えてくれたことは“脱中国依存”が重要だということ。マスクの製造や中国人頼みのインバウンド(訪日外国人客)から見ても明らかです」(72歳女性)

 東京都は2日、新型コロナウイルス感染が再び拡大する兆候が表れたとして、都独自の警戒宣言「東京アラート」を発動しました。

 「東京のような人口密集地では、これまでと違った手法で『3密』を抜本的に解消しないと解決はできない」(男性メール)▽「自粛要請でもなく、発動に意味があるのか? わざわざ英語を使わずに警報や警告でいいのではないか」(メール)▽「アラートの意味は? 新聞は分かりやすい日本語で伝えることができないのでしょうか」(80代女性)▽「オーバーシュート(爆発的患者急増)やクラスター(感染者集団)をはじめ、(小池百合子)都知事が発する言葉は横文字ばかりだ」(70代男性)=読者サービス担当

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ