PR

ニュース コラム

【直球&曲球】宮嶋茂樹 ネットの誹謗中傷への非難は公平なんか?

出邸する安倍晋三首相=3日午前、首相官邸(春名中撮影)
出邸する安倍晋三首相=3日午前、首相官邸(春名中撮影)

 ええかげんにせいよ…「モリカケ」に始まって「桜を見る会」もいまだグダグダや。今度は前東京高検検事長への約6千万円の退職金承認問題…。国会は他に話題ないんか?

 安倍晋三首相の脇も「大甘」や。またまた野党につっこまれるネタ提供してもうて…。

 この最中に、自ら命を絶ったとされる女子プロレスラーの悲劇をくりかえさんために、ネット上の誹謗(ひぼう)中傷を規制する法案は、珍しく野党のセンセイも協力して審議するんやて?

 ワシは、女子プロレスもほとんど見たことなかったから、木村花さんのことは全く存じ上げんが、ネット上で酷(ひど)い誹謗中傷、受けたんやて? 命を絶ちたくなるほど、よっぽど酷いこと、書かれたんやな。

 とはいえや。そんなたった1人の女の子の死さえ、国会の大のおとなのセンセイが、党利党略や「票のため」に利用しとるだけとちゃうの?

 ネットといえば、新型コロナとたたかう医療従事者を激励するために、帝都の紺碧(こんぺき)の空に、見事な白い航跡を描いた航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の偉業に対して、その直後から防衛省のツイッターに書き込まれた誹謗中傷の数々。

 もう、産経新聞紙上では活字にでけんくらい教養のかけらもない、汚い言葉であふれかえっとった。少数の活動家による組織的なサイバー攻撃やろうが、もうそれ見たらブルーインパルスのパイロットたちが、二度と操縦桿(かん)を握りたくなくなるほど酷い愚行や。

 それだけやない。安倍首相へのネット上での「死ね」「消えろ」やの罵詈(ばり)雑言は誹謗中傷に当たらんの? 在日への批判は「差別」やの「ヘイト」やの誹謗中傷になるのに、前検事長への「税金ドロボー」は“表現の自由”で許されるんか?

 法の下の平等はどこいったんや。

 逆風、びゅんびゅんの現政権が大衆受けする法案を“一丁上がり”といきたい気持ちも分からんでもないが、くれぐれも「ヘイトスピーチ規制法」や川崎市の条例みたいな“逆差別”にはご注意を。

【プロフィル】宮嶋茂樹

 みやじま・しげき カメラマン。昭和36年、兵庫県出身。日大芸術学部卒。写真週刊誌を経てフリーに。東京拘置所収監中の麻原彰晃元死刑囚や、北朝鮮の金正日総書記をとらえたスクープ写真を連発。写真集に、『鳩と桜 防衛大学校の日々』。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ