PR

ニュース コラム

【主張】日本を担う君へ 力を合わせ打ち勝とう 今の我慢が未来をつくる

緊急事態宣言下の東京ドームシティの様子。こいのぼり見物に来る家族が見かけられた=3日午前、東京都文京区(松井英幸撮影)
緊急事態宣言下の東京ドームシティの様子。こいのぼり見物に来る家族が見かけられた=3日午前、東京都文京区(松井英幸撮影)

 こんな形で5日の「こどもの日」を迎えるとは、思ってもいませんでした。近所でこいのぼりが泳いでいます。でも子供のみなさんが元気に外で遊ぶ声は聞こえてきません。

 がまんして家で過ごしているのでしょう。大人もなるべく外に出ないようにしています。静かな「こどもの日」になります。

 けれどもお父さん、お母さんをはじめ大人はだれもが思っています。みなさんに、すこやかに大きくなってほしいと。日本の未来を築く子供は、日本の宝です。みなさんの幸福を願います。

 新型コロナウイルスが広がらないよう、休校が長引いています。みなさんも友達と会って勉強し、話をしたいでしょう。外で思い切り遊び、スポーツもしたいでしょう。

 それでも今は多くのことをがまんしないといけません。全国に緊急事態宣言が出されています。人と接することを少なくしないといけないのです。これまで10人に会っていたとしたらそれを2人にしようと、大人もがんばっています。

 このウイルスは子供にもうつります。怖いのは、自分が病気になることだけではありません。知らない間にかかっていて人にうつすことも怖いのです。いたずらに不安がるのではなく、正しく用心することが大切です。これまで言われてきたことをきちんとやりましょう。

 マスクをするなど、せきエチケットに気をつける。手洗いやうがいをていねいに行う。閉じられた場所で多くの人が接するような、密閉、密集、密接のいわゆる「3密」にならないようにする、などです。

 大人でもこれらのことに気をつけない人がいます。子供がきちんとやっているのを見れば、そんな大人は恥ずかしく思うでしょう。

 子供も大人も今、ウイルスという共通の敵と戦っていると思ってください。多くの人にとって、目に見える戦いではありません。人と接することをなるべく避けるという、静かな戦いです。

 命がかかっています。子供だけでも、大人だけでも、この戦いには勝てません。日本中、さらに世界中で、子供も大人も力を合わせることが大切なのです。

 毎日、自宅できちんと勉強するのも戦いの一つです。インターネットを使って勉強している学校もありますが、ばらつきがあります。大切なのは自分で、また先生や親と相談しながら、計画を立てて規則正しく勉強を続けることでしょう。本に親しむことも自らの世界を広げます。

 休校が長引いて気がゆるんだり、いらいらしたりすることがあるかもしれません。勉強の間にうまく休み時間や運動を取り入れ、気分を変えることが必要です。

 みなさんを育ててくれている大人も今、大変な思いをしています。家事を手伝うことも気分を変えてくれるでしょう。料理に挑戦してみるのもいいですね。何にでも前向きに取り組んでください。

 学校に、街中に、みなさんの歓声が戻ってくる日を、心待ちにしています。共に協力してウイルスに打ち勝ちましょう。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ