PR

ニュース コラム

【読者から】(4月2~15日)緊急事態宣言 「挙国一致し国難乗り切れ」

緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大し、国民に対しさらなる協力を呼びかけるため会見に臨む安倍晋三首相=17日午後、首相官邸(春名中撮影)
緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大し、国民に対しさらなる協力を呼びかけるため会見に臨む安倍晋三首相=17日午後、首相官邸(春名中撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相は特別措置法に基づく初の緊急事態宣言を、東京や大阪など7都府県に発令。対象区域は16日、全国に拡大しました。期限は5月6日まで、国民には不要不急の外出を自粛し、人との接触を8割減らすよう協力を求めています。

 「外出自粛と在宅勤務を呼びかけているが、テレワークできる職場や仕事は限られ、無理強いできない」(男性メール)▽「発令が遅すぎる。緊急経済対策が手遅れになると、倒産や自殺者が相次ぐ恐れもある」(メール)▽「(現金の給付は)巧遅より拙速を尊ぶべきだ」(男性の手紙)▽「社会全体が萎縮して経済的損失が広がっている。事業者への休業要請は補償とセットであるべきだ」(メール)▽「(効果は)国民の行動次第だと思うが、批判するマスコミからは医療従事者への感謝の気持ちが伝わってこない」(76歳男性)▽「首相を批判する声もあるが、国民の共同責任と思うべきだ。非常事態と気を引き締めて、挙国一致して国難を乗り切らないといけない」(78歳男性)

 感染の有無を調べるPCR検査に関し、「全力で強化し感染を防げ」と訴えた『主張』には、賛否の声が寄せられました。

 「検査件数を絞らず、網を大きく広げて封じ込めないといけない」(メール)▽「検査を全力で拡充・強化し、感染を防ぐべきだ」(男性メール)▽「発症者主体に検査、治療を進めることが医療崩壊を防ぐ最良の方法だ」(同)▽「検査により偽陽性の数だけ病院のベッドがあふれる可能性があり、今の方法でいい」(同)▽「検査人員は? どこの病院も人が足りず現場は緊迫している。それを踏まえた上で主張していただきたい」(女性メール) (読者サービス担当)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ