PR

ニュース コラム

【読者から】(3月7~18日)新型コロナ報道

中国・武漢の「火神山医院」を視察する習近平国家主席(中央)=10日(新華社=共同)
中国・武漢の「火神山医院」を視察する習近平国家主席(中央)=10日(新華社=共同)

 ■「武漢ウイルスと呼称すべきだ」

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、新型コロナウイルスについて「パンデミック(世界的な大流行)」を表明。感染は欧州や米国など世界各地に飛び火し、中国本土の感染者数・死者数をそれぞれ上回りました。

 「対症療法など正確なデータの共有が必要。中国に対して国際的な調査団の受け入れを迫るべきで、これこそ日本ができる最善の国際協調だ」(男性メール)▽「中国・習近平国家主席と歩調を合わせているWHOにも、感染拡大を招いた責任がある」(87歳男性)▽「警告の医師を処罰した国が真実を明らかにすることはない」(男性メール)

 景気悪化が想定され、与野党から政府に大型の経済対策を求めています。

 「野党などは消費税の減税に積極的だが、安易な減税ではなく、もっと有効な景気浮揚策を打ち出すべきだ」(男性メール)

 一連の新型コロナ報道では紙面や記事に多くの要望や注文が寄せられました。

 「国内感染者数は都道府県・クルーズ船・チャーター機と分けた表にしてほしい」(60代女性)▽「できれば国内の退院者数も載せてほしい」(男性メール)▽「毎日同じようにクルーズ船を含めた国内の感染者数を報じている。やめてほしいです」(60代女性)▽「感染から回復した人の治療方法が知りたい。ぜひ記事にしてほしい」(70歳男性)▽「WHOは『COVID(コビッド)-19』と名付けたが『武漢肺炎』と呼ぶべきです。スペイン風邪や香港風邪、日本脳炎…どれも国名・地名から付けられています」(男性メール)▽「パンデミックの発生源として、はっきりさせるためにも『武漢コロナウイルス』と呼称すべきだ」(メール)(読者サービス担当)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ