PR

ニュース コラム

【一筆多論】自国第一主義ではコロナと戦えぬ 渡辺浩生

米国民に向けて演説するトランプ米大統領=11日、ワシントン(AP)
米国民に向けて演説するトランプ米大統領=11日、ワシントン(AP)

 「われわれは、ウイルスとの戦いの重大なときにある…わたしは米国民の生命と健康、安全を守るために必要ないかなる手段を取ることも躊躇(ちゅうちょ)しない。いつも米国第一を大事にする」

 世界保健機関(WHO)が11日、新型コロナウイルスの感染拡大を「パンデミック(世界的な大流行)」と宣言したことを受け、トランプ米大統領が同日、国民に向けた演説の一節だ。

 思い出したのは2001年9月11日の米中枢同時テロの後、ブッシュ大統領が同じホワイトハウスでした演説だ。「米国と友好国、同盟国はテロとの戦いの勝利のために立ち上がる…」

 9・11はテロを世界共通の脅威と宣告した。この日は新たに、ウイルスの大流行が人命と安全、経済への世界的な脅威と認定した日と記憶されるだろう。

 新型コロナの感染者は世界の約140カ国・地域で約17万人。「人種、国籍、宗教の違いもない。極めて無差別な脅威だ」とある国際政治学者は語る。今後、保健衛生が脆弱(ぜいじゃく)な中南米やアフリカ諸国に猛威を振るう危険性は高い。

 新型コロナの大流行は「中国で始まった」とトランプ氏は演説の冒頭でくぎを刺した。

 武漢でのコロナ発生の情報は当局に隠蔽(いんぺい)され、「一帯一路」をテコに張り巡らせた巨大な経済勢力圏が事実上の媒介となった。中国の影響下にあったWHOのテドロス事務局長は、そうした中国の初期対応のまずさを封印するのに手を貸し、危険性に対する早期の警戒を遅らせたといえる。

 内には統制を強めて外には覇権を追求する習近平政権の強国路線が、感染拡大の背後にあったことを、忘れてはならない。

 米国は真っ先に中国全土からの入国禁止に踏み切ったとトランプ氏は強調し、対応が出遅れた欧州からの渡航者が米国内の感染を増やしたとまで批判した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ