PR

ニュース コラム

【マーライオンの目】死と隣り合わせの日常

 アフガニスタンの現地情報を提供してくれているアフガン人記者が休暇でシンガポールを訪れた。開口一番、「去年は散々な目にあった」と振り返った。

 米国人記者とともにアフガン東部を車で走行中、丘陵地の上から数十発に及ぶ銃撃を受けたという。おそらくイスラム原理主義勢力タリバンの仕業とのことだ。米国人と一緒だったことから、「目撃した地元住民が『見知らぬ外国人が来た』とタリバンに連絡したのだろう」と推察した。

 車は被弾したが、幸運にしてスピードを上げて逃げ延びた。大量の汗で車のシートがぐっしょりとぬれたそうだ。「生きた心地がしなかった」と振り返るが、文字通りそうなのだろう。

 国連の統計によると、アフガンで戦闘やテロに巻き込まれるなどした民間人の死者は年々増加している。2018年は過去最多の3804人が死亡した。アフガン東部で昨年12月、日本人医師、中村哲さんが銃撃されて死亡したのは記憶に新しい。死が国民の身近にある状況は続く。

 帰り際に「生きていたら、また会おう」と話した。縁起でもないと思ったが、口癖なのだという。つねに死を意識していることを裏付ける言葉だと感じた。別れのハグをしながら、彼がリラックスして休暇が過ごせる日が早く来ることを祈った。(森浩)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ