PR

ニュース コラム

【直球&曲球】宮嶋茂樹 ゴーン被告に逃げられた日本は甘いのう

逃亡先のベイルートで記者会見するカルロス・ゴーン被告=8日(AP)
逃亡先のベイルートで記者会見するカルロス・ゴーン被告=8日(AP)

 いっやあ…正月やからというて日本人はオメデタ過ぎるんちゃうか? ルパン三世並みに、まんまと国外へ逃亡しよったカルロス・ゴーン被告のことや。甘いのう、日本の司法も行政も。

 これやったら日本に入管も税関もいらんやん。ゴーン被告だけやない。中国人賭博業者に北朝鮮の工作員まで、出入り自由やん。北による日本人拉致事件もそうやったけど、日本はスパイ天国に加えて密出入国天国やないか。

 国内でも、ここんとこ、シャブ(覚醒剤)の売人やら、粗暴犯みたいな小物にまで逃げられてばっかりやんか。世間も苦労も知らん判事なんぞに、「もうしません」「ごめんなさい」と、ちょこっと頭下げたら簡単にパイ(保釈)してくれるってか?

 ゴーン被告も今ごろ、海外でハラ抱えて笑いころげとるわ。「ホンマ、ジャポネはアホばっかや」とな。世界のニッサン相手に何十億、何百億円ものゼニ引っ張っとった男にとって、15億円の保釈金なんか、ドブに捨てたって、すずめの涙やろ。何が潔白を証明する、や?

 それにしても、“無罪請負人”とか“カミソリ”とか、もてはやされとった、ゴーン被告の日本人弁護士(団)は何や? 確か「自分のカミソリがまだ、どれほど切れるのか、切れ味を試したい」というような趣旨のこと堂々とコイてなかったっけ?

 いっやあ、わが国がここまでなめられて、保釈金没収だけでは国民の怒りもおさまらんやろ。今ここで、独立国家としての意地、見せんかったら、これからも、犯罪者や独裁国家から、なめられ続けるんやで。

 戦後、イスラエルの情報機関はナチスの戦犯を地球の果てまで追い続けたんや。「何でもハンタイ」の野党のセンセイ方のせいで、わが国は海外でも活動でける諜報機関なんか持てんかったが、今は警察にも自衛隊にも特殊部隊があるで。

 もういっかいゴーン被告を日本へ連れ戻すくらいの気概はないんか?

 安倍晋三首相に、そんな根性、あるかないか、ワシは知らんけどな。

                  ◇

【プロフィル】宮嶋茂樹

 みやじま・しげき カメラマン。昭和36年、兵庫県出身。日大芸術学部卒。写真週刊誌を経てフリーに。東京拘置所収監中の麻原彰晃元死刑囚や、北朝鮮の金正日総書記をとらえたスクープ写真を連発。写真集に、『鳩と桜 防衛大学校の日々』。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ