PR

ニュース コラム

【新聞に喝!】教科書事件も見逃すな 元東京大学史料編纂所教授・酒井信彦

 靖国問題も含めて、目先の安易な対応が、後々で巨大な負の遺産になることを、中曽根首相の死去を機に、改めて解明すべきであるのに、新聞にはその意志がまるで見られない。これだけ重大な問題である第二次教科書事件を、全く無視するのはなぜだろうか。それは首相の権力発動によって検定が覆され、家永教科書訴訟の論理が完全に破綻してしまったことを意味しているからだろう。何しろ家永氏の主張は、国家権力は教科書の内容に決して介入してはいけない、というものだったのだから。

【プロフィル】酒井信彦

 さかい・のぶひこ 昭和18年、川崎市生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。東京大学史料編纂(へんさん)所で『大日本史料』の編纂に従事。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ