PR

ニュース コラム

【JAPAN Forward 日本を発信】来年もリアルな報道!!

JFでは2019年、どんな記事が読者に読まれたのか
JFでは2019年、どんな記事が読者に読まれたのか
その他の写真を見る(1/2枚)

 Top 25 JAPAN Forward Reader’s Favorites of 2019

 (読者に最も読まれた2019年の記事トップ25)

 令和元(2019)年の終わりに際し、英語ニュース・オピニオンサイト「JAPAN Forward」(JF)は、この1年を振り返る記事を連日、掲載している。

 まずは、どんな記事が外国の読者に読まれたのか。18-22日までの5日間、5本ずつ計25本の記事を紹介した。その連載の見出しが上の英文(日本語訳)だ。一部を紹介しよう。

 読者の心をつかんだのは福島のサムライ魂(25位)や関東での着物づくり(24位)、歌舞伎など伝統文化が現代にどのように息づいているのかを描いた記事だった。津軽三味線奏者に弟子入りしたカナダ人(20位)や酷評から奮起しファンを獲得した和太鼓集団、タオ(3位)の物語も反響を呼んだ。

 お花見情報やおいしいラーメン店、京都の苔寺、阿蘇の外輪山、石垣島の蛍を探す旅関連の記事、ブレークダンスやコスプレといった若者文化に加え、時速360キロで運転する日本の次世代新幹線(1位)や地球から遠く離れた小惑星に着地成功したはやぶさ2(8位)も読まれた。

 一方で、今年、日本各地に甚大な被害をもたらした巨大台風に関する記事(2位)が3本もランクインした。安全への不安や気候変動に対する世界的な関心の高まりを受けたものだろう。

 これとは別に、JF編集部が選んだ今年のニュースを5回に分けて年末に掲載する予定だ。ランク入りはしなかったが、日本にとって重要だったのは何といっても御代替わりだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ