PR

ニュース コラム

【iRONNA発】教諭いじめ問題 陥りやすい「恒常性錯覚」 杉山崇氏

神奈川大人間科学部教授、臨床心理士の杉山崇氏
神奈川大人間科学部教授、臨床心理士の杉山崇氏

 神戸市立小で教諭4人が同僚をいじめた問題は被害者のみならず、社会に大きな傷痕を残した。稚拙な加害行為や謝罪の言葉、さらには児童への配慮で不可解な方針を打ち出した教育委員会まで炎上した。なぜ、火に油を注ぐ対応を重ねたのか。

 私はたくさんの公立学校でスクールカウンセラーを務めてきましたが、「先生を信頼しているから、つらいことがあっても学校に行ける…」と漏らす生徒もいました。信頼できる教諭の存在が生徒の支えになっているのです。

 しかし、残念ながら、学校と教諭に対する信頼が揺らぐ出来事が神戸市でありました。市内の小学校で起きた同僚教諭に対する集団いじめです。この出来事だけでも十分ひどいことで、あってはならないことですが、その後の学校や教育委員会の対応にも疑問の声が上がりました。

◆構造的な忙しさ

 まず、加害者は被害者に対して謝罪することが何よりも必要なはずですが、加害教諭ら本人の謝罪の声が聞こえませんでした。神戸市教委が謝罪の言葉を公表していますが、被害者当人よりも家族に謝罪している加害教諭もおり、被害者へのおわびの気持ちが伝わらない印象はぬぐえません。

 では、なぜこのような事態に陥ってしまったのでしょうか。私がスクールカウンセラーを務めていて、まず気づいたのは教諭の構造的な忙しさです。2018年の経済協力開発機構(OECD)国際教員指導環境調査(TALIS)によると、世界で最も勤務時間が長いのは日本の教職員で、小学校で1週間当たり54・4時間、中学校では56時間にも上りました。世界平均では38・3時間なので、ダントツに長いことが分かります。

 私は教育委員会で勤務していたこともありますが、教諭と同じく極めて多忙です。統計や国際比較のデータはありませんが、学校現場と同様に業務に忙殺されていることと思われます。このような忙しさの中では、「いつも通り」物事をこなすのが精いっぱいになってしまいます。今回のような問題が起こったとしても、真剣に事態と向き合って考える余裕もないことでしょう。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ