PR

ニュース コラム

【直球&曲球】「桜を見る会」素直に謝っちゃえば 春風亭一之輔

春風亭一之輔=10月、東京都千代田区(c)キッチンミノル
春風亭一之輔=10月、東京都千代田区(c)キッチンミノル

 「桜を見る会」の話題は、いつもの調子で、すぐ沈静化するだろうと思ってたらまだまだ収まる気配がない。「反社の皆さま」までおいでになってたってさ。「定義がはっきりしていない」だの「シュレッダーの順番待ちしてた」だの「明細はない」だの「データは復元できない」だの「結果として入ってしまった」なんて居直ってれば、そのうちみんな忘れると思ってるんだったら、やり方がまず過ぎるんじゃないか?

 ちょっと、もうその段階じゃないんじゃない?

 素直に謝りゃいーじゃないか。演技でもいいから神妙な顔のひとつもして、頭を下げて、数秒じーっとしてることくらいできないかな。桜の下ではファンの皆さまに無理にでもニコニコできるのに、それくらいのコトができないはずないでしょ。

 「これしきのことで頭を下げる俺たちじゃない」「謝ったら負け」とでもお思いなのか。やましいことがないなら証拠を示せばいいのだし、証拠がないんなら(あると思うけど)証拠を示せない不行き届きのおわびとして、とにかく一旦謝るべきだ。

 反社と写真を撮った芸人は「知らなかったとはいえ、申し訳ありません!」と泣いてわびても、なお干され続けているのに、政治家なら「知らなかったけどだから何?」と逃げ切れると思ってるのも、芸人としてなめられているようで腹が立つ。

 仮に「桜を見る会」で反社と写真を撮った芸能人はどうしたらいいんだろう。今までの倣いでいくと思い切りたたかれて泣いて謝らなきゃならないはずだが、主催者が招いてるんだからもうどうしようもない。

 「大事なお客さま」とのツーショットをむげに断ったら、もう呼んでもらえなくなるかもしれないし。芸人はつらいよ。

 「こんなことなら芸人呼びつけて、にぎやかしさせる側のほうが楽だなー」なんて考えて、政治家になりたがる芸能人が多いのもうなずける。

 だいたい花見は本当に気の合う仲間とするのがいーんだよ。人を呼びつけてやるもんじゃない。

【プロフィル】春風亭一之輔

 しゅんぷうてい・いちのすけ 落語家。昭和53年、千葉県生まれ。日大芸術学部卒。平成13年、春風亭一朝に入門して朝左久、二つ目昇進時に一之輔を名乗る。24年、21人抜きで真打ちに抜擢(ばってき)。古典落語の滑稽噺を中心に、人情噺、新作など持ちネタは200以上。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ