PR

ニュース コラム

【朝晴れエッセー】蜘蛛(くも)・11月30日

 わが家はクモを飼っている。

 朝に夕にダニやら蚊などを与えているわけではもちろんない。

 見かけても追い払わない、やっつけない。支障のない限り巣は払わない。時に水に足を取られ、ジタバタしているのを見かけると、すくい上げる。

 わが家に住みつくエサなる害虫をご自由にどうぞ、というスタンスではある。クモはその姿、色からか、何かと嫌われ、怖がられる存在で、クモ退治殺虫剤まであるのを見ると胸が痛い。

 しかし、時に出没先を間違えてか、食卓の上にポトンと下りてきたりする。そんな折、ここは違うでしょ…、と指でトントンと威嚇してやると、あたふたとピョンピョンと逃げるさまは意外にかわいらしい。

 またまれに、雨上がりの庭で、見事に大きく張りめぐらされた巣が乾ききらず、そこに陽が射し、キラキラと輝き、文字通り、クモの巣状の天然のイルミネーションとなる場面に会えるときがある。思わず「きれい!」と見入ってしまう。

 春先に壁紙の上に黒点ほどで姿を見せ始め、夏の終わり頃には、8本の足もしっかりと、丸々太って、クモ!と一目で分かるほどに成長している。間もなく寒さ厳しくなる頃には、子孫を残して生を終えるのだろう。

 卵として冬を越すのだと思う。来春もまた、わが家の害虫バスターズとして元気に登場してほしい。

 そんなこんなで、わが家はクモを飼っている。

 藤原歳子(75) 大阪府茨木市

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ