PR

ニュース コラム

【直球&曲球】宮嶋茂樹 香港の民意は出た、どうする北京

香港区議会選で当選を決め、「香港人、頑張ろう」と叫ぶ民主派団体「民間人権陣線」の岑子傑代表(右)=25日、香港(共同) 
香港区議会選で当選を決め、「香港人、頑張ろう」と叫ぶ民主派団体「民間人権陣線」の岑子傑代表(右)=25日、香港(共同) 

 いっやあ…驚いたわ、何がって香港の区議会選挙、民主派の圧勝や。

 いやいや区議会っちゅうても、東京の区議会選みたいに都民ですら、ろくに関心持たん選挙とは違うで。その結末を、国際社会が固唾をのんで見守っとったのである。

 香港市民が中国共産党の圧政に屈するか。それとも民主主義のために、命がけで立ち上がるのか、と。

 そして見事に民意は反映されたやんか。

 前回選挙(投票率47%)をはるかに上回る7割超の投票率。さらには8割超の議席を民主派が獲得し、中国共産党によるアメとムチの政策を断固拒否するばかりか、それに立ち向かうという結果となったのである。民主派が過半数を獲得したんは初めての快挙というやないか。

 よう分かったか? 名ばかりの「民主」やの「国民」やの「立憲」やのセンセイ方。よう見たか、国会前や沖縄の辺野古で笛や太鼓を打ち鳴らし、歌え、踊れのママゴトを繰り広げとる組合員などの皆サマ方。

 アンタらがいくら安倍政権の「モリカケ」やの「桜を見る会」やらを口汚くののしり、アラ探しをしたところで、国政選挙の結果はどうなる? 過去の結果を見た限り、香港とは違うて、アンタらの行動は、民意を反映してないっちゅうことやん。

 それにしても香港はどこへ行くんや?

 1997年にイギリスから「返還」されたとき、今後50年は資本主義も民主主義もイギリス時代と変わらぬ高度な自治も認める、なんて中国共産党のヨタ話を信用したんが、そもそもの間違いやったとはいえや、香港の行政府はすでに中国共産党の「カイライ」になり下がり、配下の香港警察たるや、北京の天安門広場で多数の人民を虐殺した人民解放軍の「下請け」暴力組織になっとるやんけ。

 先週から香港の各大学で繰り広げられた市民や学生による反政府運動と、それを弾圧する香港警察の激突…。

 ワシは間近で見たけど、もはや天安門事件レベルやで。民意が出ても、またも繰り返すか? あのやり方を。

【プロフィル】宮嶋茂樹

みやじま・しげき カメラマン。昭和36年、兵庫県出身。日大芸術学部卒。写真週刊誌を経てフリーに。東京拘置所収監中の麻原彰晃元死刑囚や、北朝鮮の金正日総書記をとらえたスクープ写真を連発。写真集に『鳩と桜 防衛大学校の日々』。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ