PR

ニュース コラム

【スポーツ茶論】五輪マラソン阻む雪の壁 津田俊樹

 また、当日の警備、沿道の整理のためのボランティアをどうやって運ぶのか。遅くともスタート3時間前に配置を完了しなければならないため、東京は早朝スタートに合わせJRや地下鉄の電車を終夜運転する案を準備していた。札幌にも市営地下鉄が走っているとはいえ、同じ対応ができるのか。夏の観光シーズンにバスを確保できるのか。スムーズな大会運営のために身を粉にする現場は、いつも泣かされ、大汗をかかされる。

 暖冬そして冷夏を渇望するのは自然に対し、傲慢で勝手過ぎる。お偉方は、相変わらず涼しいところで成り行き、いや、雲行きをみているのだろうか。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ