PR

ニュース コラム

【目線~読者から】8月22~28日 GSOMIA破棄

8月22日、ソウルの韓国大統領府で開かれた会合でGSOMIAに関する報告を受ける文在寅大統領(左から3人目)=韓国大統領府提供・共同
8月22日、ソウルの韓国大統領府で開かれた会合でGSOMIAに関する報告を受ける文在寅大統領(左から3人目)=韓国大統領府提供・共同

 ■「文政権 終わりの始まり」

 韓国は日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄を決め、8月22日に発表しました。安全保障上の輸出管理の優遇措置を取るグループA(ホワイト国)からの除外が理由としています。

 「歴代の大統領は窮地になると反日…。同じことを繰り返す理解できない国である」(男性メール)▽「破棄は結構。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は勝負に出た。中国と北朝鮮に助けを求めたのだろう」(同)▽「ミサイル発射を続ける北朝鮮を喜ばせるだけの愚挙」(同)▽「歴史の転換点。もう後戻りはできない。核保有の反日統一国家が誕生する。憲法改正など喫緊になすべきことが山積している」(60代男性)▽「破棄には驚いた。韓国は自滅への一歩を自らしるした」(77歳男性)▽「文政権の終わりの始まり」(男性メール)

 「韓国を仮想敵国と見立てた国防も検討しなければいけない」(80代男性)▽「改めるのは韓国のゆすり、たかりの体質だ」(男性メール)▽「戦後最悪の事態を招いた文氏が、まず日本と韓国の国民に頭を下げるべきだ」(はがき)▽「長期的な見地から日韓関係をリセットする好機です。今まで長きにわたり日本は韓国に甘い顔をし続けてきたのだから」(65歳男性)

 GSOMIA破棄を決めた3日後に、韓国が不法占拠している竹島(島根県隠岐の島町)とその周辺で、規模を拡大した軍事演習をしました。

 「けんかを売っている。竹島は日本の領土と言っているだけでは解決しない。同じせりふはもう結構だ」(54歳男性)▽「(日本の)国土が侵略されているのだから、自衛の行動を起こしたらどうだ」(男性メール)(読者サービスグループ)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ