PR

ニュース コラム

【終戦の日に】論説委員長・乾正人 憲法改正こそ平和への道

 ■戦争の惨禍を繰り返さぬために

 あの日から74年の歳月が流れた。昭和はすでに遠く、平成も終わり、令和の御代を迎えた。

 終戦当時、16歳だった若者も卒寿(90歳)を迎え、戦争体験者は、日を追って少なくなっている。

 それほどの長い、長い時間が過ぎても8月15日が近づくと、なぜかアジア全体にさざ波が立つ。

 ことに今年は、さざ波どころか荒波が打ち寄せている。

 日韓関係はかつてないほど悪化し、ロシアは北方領土を返還するそぶりすら見せず、香港では若者たちが、自由を求めて立ち上がった。

 中でも日韓関係の悪化は、「8・15」を抜きには語れない。

 文在寅政権は、「韓国は戦勝国だ」といったフェイクヒストリー(嘘の歴史)に基づき、昭和40年に結ばれた日韓基本条約を無視して、慰安婦や「徴用工」問題で、日本人をいらだたせる政策を次から次へと繰り出している。

 韓国を「ホワイト国」から除外するという日本の当たり前の措置でさえ、「報復措置」だと過剰反応した文政権中枢が、日本製品不買運動を主導するという常軌を逸した振る舞いをしたのはご存じの通り。

 香港情勢も緊迫の度を増している。現地からの情報によると、香港に近い深センに重武装の部隊が集結しており、第二の天安門事件が起きる懸念が日増しに高まっている。

 もうひとつ忘れてならないのは、北朝鮮の動向だ。トランプ大統領の「お墨付き」発言によって金正恩朝鮮労働党委員長は、短距離弾道ミサイルの発射実験を繰り返している。この短距離ミサイルの射程は九州にも及ぶ。米朝交渉引き延ばしを図る北朝鮮が、自ら核兵器を放棄する可能性はゼロに近い。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ