PR

ニュース コラム

【石平のChina Watch】異変うかがわせた「李鵬告別式」

 もしそうであれば、習政権の成立以来、江沢民氏を除いた長老陣が初めて、政権の政策と姿勢に対する不満と反対の「共同戦線」を組んだことになる。中国政界の一大異変である。

 このような動きが、毎年8月に開かれる「北戴河会議」の前にあったことも意味深長だ。長老たちも参加するこの非公式会議が、香港問題や米中貿易戦争への対処において失策と失敗を重ねた習政権への「批判会議」となる可能性もあるからだ。

 今後、政権内で何らかの人事的な異変と政策変更をもたらすことになるのか、注目したい。

【プロフィル】石平

 せき・へい 1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒。88年来日し、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関を経て、評論活動に入る。『謀略家たちの中国』など著書多数。平成19年、日本国籍を取得。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ