PR

ニュース コラム

【風を読む】「慰安婦像」を展示したいなら 論説委員長・乾正人

 日曜日の名古屋・愛知芸術文化センターは、熱気にあふれていた。

 同センターの8階で、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の一企画として慰安婦を象徴した「平和の少女像」が展示されていたのは土曜日までだったはずなのに、と首をかしげた人は相当、意識が高い。

 大ホールでは、「世界コスプレサミット2019」が開かれており、世界40カ国からマンガやアニメの登場人物に扮(ふん)したコスプレイヤーが集結していたのだ。ホールだけでなく、名古屋の街中を仮装した若者たち(中年もいたが)が楽しげに闊歩(かっぽ)していた。

 さすがトリエンナーレ、成功しているなぁ、と感心していたら、さにあらず。コスプレサミットは、トリエンナーレとは関係なく、16年前に愛知の民放テレビ局が立ち上げたモノで、今ではすっかり市民に定着し、世界的なイベントに成長していたのだ。

 それにしても「慰安婦像」などの展示中止を発表した実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事から、明確な謝罪の言葉がないのはいかがなものか。

 毎日新聞によると、知事は芸術監督に津田大介氏を起用する際、「とんがった芸術祭にしてくれ」と要請し、彼は「慰安婦像」などの展示を目玉企画にしたという。

 事実なら知事の責任は重い。

 「放火する」といった脅迫は論外だが、「慰安婦像」や昭和天皇の肖像画を焼くような作品を展示すれば、抗議が殺到する事態をどうして想定できなかったのか。そもそもこれらの作品は、反天皇制や反日米安保など特定のイデオロギーに偏ったものばかり。税金で成り立つ公的施設や芸術祭で展示するのがふさわしくないのは、「表現の自由」以前の「常識の問題」だ。

 それでも展示したい、のならば、トリエンナーレには朝日新聞文化財団が助成している。朝日新聞の施設を貸してもらえばよかったのに。

 もうひとつ、いい機会なので書かせてもらうが、津田氏は「ジャーナリスト」という肩書を使っているが、やめていただきたい。ジャーナリストは、世の中の出来事や問題点を報道・論評する職業で、自ら騒ぎを起こす商売ではない。これからは「左系運動家」と名乗られるのが、よろしかろう。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ