PR

ニュース コラム

【朝晴れエッセー】働き方改革・7月19日

 「働き方改革はうんざりだ」とは口が腐っても言えない。でも、総務の仕事は増えた。

 総勢40名の会社。5人で総務・人事・経理を担う。しかも働き方改革そのもの。介護で残業不可の私、3歳児の時短ママに、定年退職後再雇用のKさん、パート社員に派遣社員。いつも時間との戦いだ。

 15時退社のパートさんが「銀行の入金確認ができていません」、Kさんが「わかった」と引き受ける。16時退社の時短ママが「明日の会議の机配置お願い」、Kさんが「わかった」と引き受ける。17時退社の派遣社員が「郵便物切手まだです」、17時半退社の私が「この書類に社長の検印が」、Kさんが「わかった」と引き受ける。こうして働き方改革が回っている。AI投資にはお金も要るし、人員補充には人手不足も追い打ちをかける。中小企業には厳しい現実。

 Kさんは仕事が趣味だからと休暇も冠婚葬祭以外は取得しない。そんなKさんに、働き方改革で年5日の有給休暇取得は義務と伝えると、「困ったなあ。要らんわ」と言うが、お国の方針。Kさんの有給取得日を5人で計画する。この工程を短くして、この作業を分担したら、休んでもらえるねと笑い合う。Kさん「何しよう」と困り顔で、また笑い合う。

 17時半。「Kさん」と言いかけた私に「わかった」と返事。「何かわかったの?」「いや、わからんがわかった」。今日も回った。

雑賀 明美 63 会社員 大阪府藤井寺市

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ