PR

ニュース コラム

【日曜に書く】論説委員・中本哲也 天才数学者の頭の中は

欅坂46のメンバーら=東京都渋谷区(加藤圭祐撮影)
欅坂46のメンバーら=東京都渋谷区(加藤圭祐撮影)

 天才数学者の頭の中はどうなっていたのだろう。

 5月6日の「産経抄」は、こう結ばれていた。「フェルマーの最終定理」の証明につながる重要な予想を提唱した数学者、志村五郎さんが先月初め、89歳で亡くなった。

 志村さんが中国の古典文学や日本の政治思想など数学以外の分野にも関心を寄せ、多くの著作やエッセーを残したことは、産経抄で知った。不勉強を恥じるしかない。

 ◆「宇宙際」って何だ

 今、世界中で最も「頭の中」に関心を持たれている数学者は、京都大学数理解析研究所の望月新一教授(50)だろう。2012(平成24)年に、数学の超難問である「abc予想」を解決したとする論文をインターネット上で発表した。

 「宇宙際タイヒミューラー(IUT)理論」と題するその論文は、あまりにも独創的であるが故に、望月教授に近い少数の研究者以外は数学者といえども理解できず、「未来からきた論文」などと評される。

 IUT理論と「abc予想」の証明が正しいか否かは、発表から7年近くになる現在も決着していないという。

 そんな難解な理論を分かりたいという学究的野心は捨て、天才数学者の頭の中を漠然とのぞいてみたいと思う。

 望月教授はメディアの取材をすべて断っている。手がかりは極めて少ない。望月教授のブログと、KADOKAWAから出版された一般向けの解説書「宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃」(加藤文元著)を頼りにする。

 まず、「宇宙際」という耳慣れない言葉から想像する。

 国際社会や国際紛争が、複数の国家が接し、せめぎ合う状況で生じるように、宇宙際もいくつもの宇宙がせめぎ合う状況を指すのだろう。

 IUT理論の宇宙は「数学一式」のことだという。望月教授は、単一の数学世界(宇宙)を脱し、いくつもの宇宙を創りだして超難問の解決に挑んだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ