PR

ニュース コラム

【葛城奈海の直球&曲球】“平和ボケ”の呪縛 新たな時代に解き放て

 北方領土のビザなし交流で、元島民の団長に対し「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などと問い詰めた丸山穂高衆院議員の発言が物議を醸した。「戦争は、善か悪か」と問われれば、多くの人が「悪だ」と答えるであろうし、同議員の「酒を飲んでいた」などという言い訳も見苦しい。

 これらを踏まえた上で一連の騒動に私は違和感を覚えた。特にテレビの番組などで見受けられた「短絡的で無思考一辺倒」な論調にである。

 言うまでもなく、戦争など好んでするものではない。しかし現実を見れば、世界中で戦争は続いている。

 たとえば、相手が武力をもってわが国へ侵攻してきた場合、戦わなければどうなるのか。子供でも理解しているであろう現実を知ってか知らずか、有識者らが訳知り顔で「とにかく戦争をしないことこそが正義」であるかのように語る姿に私は、違和感を覚えたのである。それこそが、戦後70年あまりの“平和ボケ”そのものではないのか。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ