PR

ニュース コラム

【直球&曲球】津波、稲むらの火… 中江有里「歴史を伝えることが命を守る」

 おかげで村人は仕事を得て生活を立て直すことができた。そして村人が村にとどまった。

 もし濱口梧陵がいなかったら、人々は去って、町が壊滅していたかもしれない。

 この堤防は今も現役で、町を守っている。また、町をあげて大掛かりな避難訓練を行うなど、町民の防災意識がとても高い。これも梧陵の功績の一つだろう。

 歴史は知るだけではなく、学ぶものだと教えてくれる

     ◇

【プロフィル】中江有里(なかえ・ゆり) 女優・脚本家・作家。昭和48年、大阪府出身。平成元年、芸能界デビュー、多くのテレビドラマ、映画に出演。14年、「納豆ウドン」で「BKラジオドラマ脚本懸賞」最高賞受賞し、脚本家デビュー。フジテレビ「とくダネ!」にコメンテーターとして出演中。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ