PR

ニュース コラム

【一筆多論】四島は日本固有の領土だ 岡部伸

英国の地理学者兼地図製作者、アーロン・アロースミスが1811年に作製した「日本、クリール(千島)列島」地図。択捉島以南の北方四島が北海道と同じ青色で日本領とされている(英国立公文書館所蔵、岡部伸撮影)
英国の地理学者兼地図製作者、アーロン・アロースミスが1811年に作製した「日本、クリール(千島)列島」地図。択捉島以南の北方四島が北海道と同じ青色で日本領とされている(英国立公文書館所蔵、岡部伸撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 たかが地図だと侮らないでいただきたい。19世紀前半に英国で国王付きの地理学者が北方四島(国後、択捉、歯舞、色丹)を日本領として扱い、作製した地図が英国立公文書館で見つかった。1855年に北方四島を日本領と定めた日露和親条約以前の地図で、北方四島が一貫して日本領とする領土交渉における日本側の主張を裏付けている。

 英海軍士官で探検家のウィリアム・ブロートンがプロビデンス号で1796年に北海道に上陸し、翌年、北海道西岸から北方領土を探検、測量した結果、「(択捉島に当たる)北緯45度25分までは『エゾ(日本領)』」と判断した結果を反映させている。

 1811年にアロースミスが作製した地図では、択捉以南の四島が北海道と同じ青色、40年にワイルド作製地図では、四島に加えてウルップ島(得撫島)までが北海道と同じ赤色に塗られている。

 しかも地図は英外務省の公式文書として保管されている。覇権国として「世界標準」を設定していた大英帝国が日露和親条約以前から少なくとも得撫島と択捉島間に国境線を引いて北方四島を日本領と認定していたと推定される。

 国際法上確定した意味を持っているわけではないが、「一度も他国の領土になったことはない」という意味において、この地図は、北方四島が「日本固有の領土」であることを物語っている。

 しかし、日本政府は北方領土問題を含む平和条約交渉の進展を図る思惑から、昨年11月の日露首脳会談以来、ロシアを刺激しないように「帰属の問題」「日本の固有領土である北方領土をロシアが不法占拠している」との従来の主張を封印。平成31年版外交青書でも30年版にあった「北方四島は日本に帰属する」との表現が削除された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ