PR

ニュース コラム

【JAPAN Forward 日本を発信】「フェイク」を斬る

「誰が『ブランド・ジャパン』を貶めているのか」と問いかけるJAPAN Forwardの連載【神話を斬る】のHP画面
「誰が『ブランド・ジャパン』を貶めているのか」と問いかけるJAPAN Forwardの連載【神話を斬る】のHP画面

 [Mythbusters]‘Brand Japan’: Who is Tarnishing Whom or What?

 (【神話を斬る】誰が「ブランド・ジャパン」を貶めているのか)

 令和の御代が幕を開けた。英語ニュース・オピニオンサイト「JAPAN Forward」(JF)は連休中、歴史に残る御代替わりでお祭り気分に沸く日本の素顔を世界に発信した。

 ところが、一部の欧米メディアは、そんな日本にケチをつけずにはいられないようだ。「『令和』は権威主義的な意味にも受け取られている」(米CNNテレビ)や、「日本は新しい時代を迎えたが、安倍政権のもとでは未来は暗い」(米デイリー・ビースト)などと伝えていた。

 JFは、こんな日本叩(たた)きに潜む事実の歪曲(わいきょく)や嘘(うそ)、誤りをあぶり出そうと、連載「神話を斬る」を今年1月にスタートさせた。上の英文(日本語訳)は、3月22日に掲載された連載記事の見出しである。

 「ブランド・ジャパン 打撃を受ける」-。米紙ワシントン・ポストが、こんな見出しでテンプル大学ジャパンのジェフリー・キングストン教授の寄稿文を掲載したのは今年1月17日のことである。

 カルロス・ゴーン被告の逮捕と日本における女性差別に関する報道がいかに日本の印象(ブランド)を害しているか、客観的に解説するのが寄稿文の目的だという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ