PR

ニュース コラム

【大阪特派員】大阪スイーツ、乞うご期待 山上直子

大阪の代表的な菓子「おこし」をベースにした定番土産のイメージ
大阪の代表的な菓子「おこし」をベースにした定番土産のイメージ

 大阪観光局が地元企業と組んで「大阪土産」となる菓子を開発すると発表した。協定を結ぶという。

 聞いて、ははぁやっぱり、と思った大阪人は少なくないかもしれない。実のところ、食都・食いだおれの町といわれながら、「大阪みやげの菓子は?」と聞かれ即答するのは難しい。

 単に「大阪みやげ」なら「豚まん(肉まんのこと)」がダントツ人気だろう。最近は冷凍のたこ焼きやお好み焼きもあるから、ファストフードの大阪名物には事欠かない。

 でも、問われているのは菓子、最近の言葉でいえばご当地の有名スイーツだ。昔ながらの言い方でいえば銘菓。地方に銘菓と呼ばれる菓子は多いが、“大阪銘菓”といえば何だろう。

 大阪観光局には、こんなじくじたる思いもあったという。関西空港での売れ筋は、北海道名物の「白い恋人」や「東京ばな奈」なのだそうだ。大阪人でなくとも「なんでやねん!」と、突っ込みたくなるというもの。これでは、食いだおれの町の面目は丸つぶれではないか。

 もちろん最近は大阪本社の菓子メーカー、江崎グリコの高級ポッキー「バトンドール」や、ロールケーキブームを再燃させた「堂島ロール」など、新たな名物がある。いずれも手ごろで喜ばれる土産品だ。

 そもそも銘菓とは、辞書を引くと「特別な名をもつ有名な菓子」とある。個人的には、江戸時代以降に茶の湯とともに発展してきた菓子が多いと思うが、古いものだけとはかぎらない。名産品を原料に使ったものや名勝に由来するネーミングなど、その味や名前に地域の歴史や文化が含まれて銘菓と呼ばれるのだ。

 では、大阪の銘菓をあえて挙げるとすると、昔ながらの「岩おこし」や「粟おこし」だろう。コメなどを水あめなどで固めたもので、なにせ、その名前からして大阪ならではの由来があった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ