PR

ニュース コラム

【スポーツ茶論】ユニバス、理想と現実のはざまで 津田俊樹

 当初の加盟数目標はクリアしたものの、大学スポーツ改革の先駆者だった筑波大、独自路線を貫く慶応大、アメリカンフットボール学生日本一の関西学院大などが参加を見送った。

 理由は各大学の事情によって異なるが、学生競技連盟(学連)と国内競技団体(NF)も同じく加盟したため、どこが主体となって運営していくか、明確ではないという意見がある。学業成績基準を設けても、有力選手が達しないと、学連側が基準の引き下げを求めてくるのではないか。

 NFが日本代表クラスの学生を大学に相談もなく、強化合宿や海外遠征に連れていくケースが改善されるのか-など、いくつかの懸念材料が指摘されている。さらに、運動部員は特別扱いされている、と不満を持つ一般学生もいる。両者の間の壁は厚く高い。

                 □  □

 加盟申請した大学関係者が苦しい胸の内を明かす。

 「学長周辺が文科省などの顔色をうかがって参加を決めてしまった。スポーツ推薦で入学した学生の中には授業についていけない者がいる。ドロップアウトしないよう、しっかりケアしなければならないのに、対応策が後回しにされ、具体的なアドバイスが難しい」

 理想と現実のはざまで苦悩する学生と教職員。手本とするNCAAでさえ、今までの成功体験に浸っている余裕がなくなりつつある。

 スタートラインに着いたばかりのユニバス。文武両道をキレイごとに終わらせないためにも、現場の声に耳を傾けてほしい。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ