PR

ニュース コラム

【赤の広場で】ネット締め付けの影響は?

モスクワで行われたインターネット規制強化への抗議デモ=10日(ロイター)
モスクワで行われたインターネット規制強化への抗議デモ=10日(ロイター)

 ロシアでの表現の自由の制限は今に始まったことではないが、最近は特に締め付けの強まりを感じる。以前は閲覧できたサイトに接続できない、無料通信アプリ「LINE(ライン)」の禁止…。将来は「フェイスブック」など会員制交流サイトも禁止されるのでは-との観測もある。

 さらに先日報じた通り、露議会では近く、世界のインターネットからロシアを切り離すことを可能にする法案や、政府への「不敬」な投稿、フェイクニュースを禁じる法案が成立する見通しだ。名目は外国からのサイバー攻撃への防衛や社会秩序の維持だが、背後には露政権に不都合な情報にアクセスできなくさせる狙いがあるとみられている。

 そうした中で10日にモスクワで行われたネット規制強化への抗議デモは興味深かった。参加者数は約1万5千人とされ、昨年の年金支給年齢引き上げ政策への抗議デモ(1万2千人)よりも多かったためだ。若者の姿も非常に目立った。

 露政権はネット上の反政府機運の強まりに神経をとがらせており、それを防ぐための規制強化だろう。しかし、年金改革で政権支持率が10ポイント以上低下したことを考えれば、ネット規制はかえって支持率を悪化させる可能性が高い。ネット規制強化が政権に吉と出るか凶と出るか、注目していきたい。

(小野田雄一)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ