PR

ニュース コラム

【主張】「あおり」に殺人罪 悪質な運転は許されない

Messenger

 あおり運転で男子大学生のバイクに追突し死亡させた男に、大阪地裁堺支部の裁判員裁判は殺人罪を適用し、懲役16年の判決を言い渡した。

 あおり運転に殺人罪を適用することは極めて異例である。それほど悪質な運転だった。

 国民の日常感覚を司法に取り入れるという裁判員裁判の趣旨が反映された判決といえるだろう。

 悪質な運転で他者を死に至らしめる者は、場合によっては殺人罪に問われることもある。あおり運転はそれほど危険極まりない、許されない行為であると、肝に銘じるべきである。

 判決によると男は昨年7月、堺市で自分の乗用車が大学生のバイクに抜かれたことに腹を立て、何度もクラクションを鳴らすなどしながら追いかけ、時速100キロ近いスピードで追突した。

 公判で男は殺意を否認したが、判決は、男の行為には「衝突により被害者が死んでもかまわないという気持ちが表れている」として殺意を認定した。

 ドライブレコーダーには追突した後に男が「はい、終わり」と話す声も入っていた。軽い口調だったという。

 人間はそこまで身勝手で残酷になれるのかと、愕然(がくぜん)とする。

 一昨年、東名高速道路であおり運転により停車させられた夫婦がトラックに追突されて死亡し、この危険な行為を非難する声が高まった。警察庁は昨年、危険運転致死傷罪や暴行罪などあらゆる法令を駆使するよう、全国の警察に指示していた。

 ただし法の運用は、あくまでも厳正に行われなくてはならず、無制限の拡大解釈は許されない。危険極まりない、あおり運転の根絶を目指す法律に不備があるなら、その整備を急ぐべきだ。

 東名高速道路の事故では、危険運転致死傷罪が適用され懲役18年の判決が言い渡された。一方で高速道路に停車させた状態を、同罪の構成要件である「重大な危険を生じさせる速度」とするのは解釈上無理があると指摘した。

 法が想定しなかった危険行為であり、こうした法の穴は埋めていかなくてはならない。

 今回の裁判では、ドライブレコーダーが重要な証拠になった。被害を受けた際にも有用だ。危険な運転の根絶に向けて積極的な普及を図るのも一案であろう。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ