PR

ニュース コラム

【正論】政策の転機を画す新防衛大綱 拓殖大学総長・森本敏

Messenger

 今回策定された「防衛計画の大綱」と「中期防衛力整備計画」は今までの大綱・中期防と比べて相当に完成度が高い。北朝鮮への脅威はもとより、中国への懸念に対応しうる防衛戦略の方向と指針が示されたことは大変意義深い。

 全ての領域に横断的に対応

 新大綱は最大の命題を「従来の統合機動性の方向を深化させつつ、宇宙・サイバー・電磁波を含む全ての領域における能力を有機的に融合し、真に実効的な防衛力として多次元統合防衛力を構築する」ことに置いている。

 国家防衛の真骨頂は、有事において真に有効な打撃力を発揮して、相手に打ち勝つ戦い方をすることにある。新大綱の命題はそのために、わが国の防衛が追求すべき目標と指針をより明確に示したものである。新大綱に基づき実行すべき内容と検討すべき内容を区分して明記してある点も良い。

 また国家の防衛を、わが国の防衛体制と日米同盟と多国間の安全保障協力という3つに区分して強化の方向を示し、中でも多国間協力について国ごとに具体的な方針を示したことも適切だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ