PR

ニュース コラム

【主張】ゲノム編集双子 人類社会に対する警鐘だ

Messenger

 「ゲノム編集」と呼ばれる遺伝子改変技術で人の受精卵を操作し、双子の女児を誕生させたと、中国の研究者が国際会議で報告した。

 報告は具体性を欠き真偽は分からない。中国政府は「事実なら処分する」との考えを示した。いずれにしても、科学の健全性を損ない生命倫理を踏みにじる暴挙である。だが他国で起きた一人の研究者の異常行動とみなすわけにはいかない。

 科学技術の急速な進歩が、倫理と法律の一線を越えてしまう恐れは、どの国にもあるからだ。

 報告によると、男性がエイズウイルス(HIV)感染者である男女を対象に、体外受精の際にHIV感染が防げるように遺伝子を改変した。

 HIV感染は後天性で、遺伝子を改変しなくても感染を防ぐ技術は確立している。研究者の行為に医学的な正当性も良心もないことは明らかだ。

 ゲノム編集は、従来の遺伝子改変技術よりはるかに簡便で精度も高い新技術の登場で、医療のほか農畜産、養殖漁業などの分野で応用研究が加速している。

 一方、受精卵などの生殖細胞の遺伝子を改変すると子孫にも引き継がれ、予期せぬ悪影響が出る恐れがある。「生命の設計図」の書き換えが許容されるのかという倫理的な問題もある。医療、臨床応用に関しては各国政府、研究者とも極めて慎重で、禁止もしくは厳しい制限を規定している。

 日本は来春から施行される研究指針で、基礎研究に限定して受精卵の遺伝子改変が解禁になるが、医療、臨床応用を視野に入れた議論や法整備は遅れている。

 例えば、ダウン症などの遺伝子異常を妊婦の血液から判別する出生前診断は、以前よりも簡便でリスクが小さい技術の登場で普及が加速した。各地の病院でつくる研究チームのまとめでは、遺伝子異常が確定した受診者の9割超が中絶している。

 現行の母体保護法は、胎児の異常を理由とする中絶を認めていない。法的にも「生命の選別」という倫理面でも重い問題をはらんだまま、出生前診断は技術の進歩と既成事実に押し切られるかたちで事実上容認されてきた。

 中国人研究者の愚挙は、今の日本と人類社会に対する警鐘でもある。医療研究現場だけでなく国民的議論が今こそ必要である。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ