PR

ニュース コラム

【産経抄】10月27日

Messenger

 「いったい僕は、なぜこうみんなにいやがられるのだろう」。宮沢賢治は『よだかの星』で、見栄えが良くないと鳥仲間にばかにされ、いじめられるヨダカに、こんな悲しい独白をさせている。「僕は今まで、なんにも悪いことをしたことがない」。幾度読んでも胸が締め付けられる。

 ▼文部科学省は25日、全国の小中高校などで平成29年度に認知されたいじめが、過去最多の41万4378件だったという調査結果を発表した。賢治の作品ではないが、いじめは動物の世界でもありふれた現象で根絶は難しいとしても、もう少し何とかできないものか。

 ▼農学校教師でもあった賢治の物語には、実はいじめが度々登場する。『銀河鉄道の夜』の主人公は貧しく、いつも同級生にからかわれている。「ジョバンニは、ばっと胸がつめたくなり、そこらじゅうきいんと鳴るように思いました」。

 ▼『猫の事務所』では、書記仲間に無視された主人公がしくしく泣き始め、それを見た獅子が事務所の解散を命じる。「お前たちは何をしているか。そんなことで地理も歴史も要ったはなしでない」。いじめが見過ごされるような学校もまた、不必要である。

 ▼地方支局勤務の新人記者だった四半世紀以上前、他紙の支局で特定記者へのいじめが始まった。別の記者になぜ彼をいじめるのかと聞き、こんな返答に唖然(あぜん)とした。「1人をいじめ対象にすれば、その相手以外が結束できる」。大人がこれでは、子供ばかりを叱っていられない。

 ▼他者をいじめる暇があるなら、賢治を読み返して考えを改めた方がいい。ジョバンニいじめに加わらなかったカムパネルラは言う。「誰だって、ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸いなんだねぇ」。けだし真理であろう。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ