PR

ニュース コラム

【産経抄】10月26日

Messenger

 上海の浦東国際空港は、1999年10月に開港した。日本の円借款から、400億円が拠出されている。翌年に空港を訪れたフリージャーナリストの青木直人さんは、中国人数十人に円借款について聞いてみた。

 ▼空港の広報ウーマンを含めて、「我不知道(ウオプチタオ)(知らない)」の返事が返ってくるばかりだ。「日本人がそんなことをするわけがない」と怒り出す人までいた(『日本の中国援助・ODA』)。中国が日本の援助を公表するどころか、反日感情の醸成に余念がなかった時期である。

 ▼日本の対中ODA(政府開発援助)は79年、当時の大平正芳首相の下で始まった。インフラ整備を中心に低金利で貸し出す円借款は10年前に終了、累計で3兆円を超えている。経済大国となった中国に援助は不要、との声が上がりながらも無償資金協力などはその後も続いてきた。中国を訪問中の安倍晋三首相は今日、習近平国家主席、李克強首相と会談するが、これに先立ち、ようやくODAを終了する方針を表明した。

 ▼中国政府は今になって、中国の経済発展に対する日本の貢献を積極的に報じるよう、政府系メディアに指導した。米国のトランプ政権との対立が激化すると、手のひらを返すように友好ムードを盛り上げようとしている。もちろんそんな甘言にのってはいけない。首相は百も承知であろう。

 ▼大平氏は、72年に実現した日中国交正常化に外相として立ち会った。「今はお祭り騒ぎでいいが、30年たったら事情は変わるよ」。昨日の読売新聞が、政務秘書官に当時つぶやいた言葉を紹介していた。

 ▼桁外れの軍備拡張によって、46年後の中国は、日本の安全保障にとって最大の脅威となった。大平氏の憂慮をはるかに超える、深刻な事態である。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ